workoutlabsubTitle

肌が荒れるコーヒーの飲み方5選【ダメ絶対】

DIET FOOD

砂糖を多く入れる

肌荒れを気にしているからこそ、コーヒーブレイクだからといって砂糖をコーヒーにブチ込むのはやめましょう・・・。砂糖をたくさんとりすぎると

血糖値は一気に上がります。

その結果余分な脂肪が溜まりかねません。その結果肌の油、皮脂を増やしてしまいます。皮脂はニキビの原因、そして肌荒れのトラブルにつながりました。

コーヒーを飲む際は砂糖の入れすぎ注意です。可能な限りブラックで!

 

ミルクを1/3以上入れる

ミルクの入れすぎには注意です。コーヒーに入れる用のミルクのほどんどはトランス脂肪酸が使われているものばかりです。トランス脂肪酸は、腸内環境が悪くなる場合もあったりします。その結果、肌荒れにもつながりかねません。

メモ
トランス脂肪酸:脂質が含まれる食品を加工する時に作られるもの

やっぱり、

ブラックで飲むことをおすすめします。

どうしてもミルクを入れたい場合は、事前に成分を確認することがオススメです。面倒かもしれませんが、あなたの美肌のためです!

 

朝食前にコーヒーを飲む

コーヒーを飲むと目が冴えます。しかし、

朝起きてすぐのコーヒーは避けたいところです。

肌荒れを減らしたいと考えるなら、朝食前のコーヒーは肌によくありません。朝は胃の中が空っぽ。つまり、コーヒーが体内に入ると、胃酸が過剰に分泌されて胃が荒れてしまいかねません。

胃が荒れてしまうと、肌荒れに直結してしまいます・・・。コーヒーを飲むなら朝食後にしましょう!

それでも朝やっぱりコーヒーを飲みたい場合は、バターコーヒーをお勧めします。良い脂質と一緒にコーヒーを飲んでみましょう!

(バターコーヒー:編集中)

 

就寝前にもコーヒーを飲む

おそらく最近寝つきが悪いかもしれないあなたは、夜コーヒーを飲んだりしていませんか?コーヒーに含まれるカフェインは、
脳を覚醒させるような働き

があります。寝る前に飲むと睡眠の質を下げる可能性大。睡眠不足も肌荒れの原因です。

夜のコーヒーはやめて他の飲み物に変えてみましょう。コーヒーは14:00pmくらいまでに飲むことをおすすめします。

 

四六時中コーヒーを飲む

コーヒーが好きな人ほど、たくさん飲んでしまうものです。しかしカフェインには利尿作用があります。たくさん摂ると体水分が失われ、肌が乾燥しやすくなり、荒れてしまうことにつながります。

身体を冷やす効果

もカフェインにはあるので、あなたの基礎代謝が下がります。その結果肌の乾燥を引き起しかねません。

実は、摂りすぎてしまうとストレスレベルが上がる研究もあったりします。NYの医療機関の研究で、ストレスがあるときに分泌されやすいコルチゾールが、コーヒーをたくさん飲んでいる人と飲んでいない人を比べると200%も差があったようです。

摂りすぎには注意してください!

理想の量はカフェインで考えると「成人の方基準では最大400 mgまで」と定められています。(厚労省参照)

つまり12~3杯くらいが良いです!(コップの大きさにもよるんですけどね)

 

まとめ

  • 砂糖を多く入れる
  • ミルクを1/3以上入れる
  • 朝食前にコーヒーを飲む
  • 就寝前にもコーヒーを飲む
  • 四六時中コーヒーを飲む