workoutlabsubTitle

コーヒーの美容効果【美肌になれる】

DIET FOOD

最近肌が荒れてきたなぁ。

コーヒーって肌に良いの?悪いの?

コーヒーって肌にいいらしいけど、どうなの??

 

 

このような疑問に答えます!

 

 

クロロゲン酸で美容効果抜群

美肌の決め手、肌の水分量を上げてくれる作用があります。とある研究でクロロゲン酸が多く(大体300gくらい)含まれる飲み物を肌荒れなど悩みをもつ女性に毎日飲んでもらって経過を観察しました。約2ヶ月の結果、飲まなかった人と比較してみると肌の水分量は約20%も上がったそうです!

実はこのクロロゲン酸はさつまいもにもたっぷり含まれています。コーヒーが苦手な方、カフェインがあまり得意ではない方はさつまいもからクロロゲン酸を摂ってみましょう!!

 

美に通じる抗酸化作用

コーヒーの驚くべき効果をシェアします。美肌力を上げたいあなたにとって気になるのは、「シミ」思います。シミの元になるのは紫外線を浴びることで体内で作られやすいメラニンと言われています。コーヒーはこのメラニンを体内で作ることを抑えてくれます。これはカフェインに含まれるポリフェノール(カフェイン酸)の効果です。

 

脂肪がつきにくい身体になる

コーヒーを1日数回飲むルーティンが確立されると、体内の脂質成分が下がったという研究結果があったりします。加えて、カフェインは体内の脂肪に働きかけて分解を促進してくれる役割もあります。

加えて、脂肪の吸収を抑制します!食後にコーヒーを飲むことでポリフェノールが働いて血糖値が上がってしまうことを予防します。特に仕事がある日にランチを外食で済ませる方は、午後の仕事中眠くなりやすくなりませんか?

血糖値が上がるとインスリンが出て血糖値を下げようとするので眠くなる症状が起きます。この時血液の中にある糖分が脂質に変わりやすいタイミング。その時にコーヒーを飲んで、体内で脂肪が増えてしまうことを予防しましょう!

飲める人は食事中も飲むと効果が上がります。

 

 

 

 

匂いでストレスを下げる

グァテマラ・ブルーマウンテンという豆の種類は、ストレスをコーヒーのあの独特の匂いで自律神経の興奮を和らげてくれます。ここでいうストレスは、私にとって良くないストレスです。例えば、嫌なことがあって感じるようなストレスです。このストレスはお肌の敵。コーヒーを飲んで、一息ついてストレスを抑えてみましょう。

20代の女性10人を対象にした実験で、数種類のコーヒー豆の種類の匂いをかいで脳波測定をしたものがあります。その中でもグァテマラとブルーマウンテンは脳波の結果からストレスを下げることがわかりました。

余談ですが、豆の中には集中力を上げてくれるような匂いを持つものもあります。

 

カフェインで集中力UP

カフェインが交感神経を刺激することで、代謝や集中力を上げてくれる役割があります。豆の種類でいうなら、マンデリンやブラジルサントスと言われています。

ストレスを下げる脳波ではなく、集中度を図る指標として存在している脳波が早く出たのがこの2種類のタイプでした。

それぞれのデータから、落ち着く香りと集中力を上げてくれる香りがあることが分かりますね!コーヒーの香りは脳に対して影響を与えることがわかったと思います。目的によって使い分けてみてくださいね!

 

 

 

肌に悪い飲み方

  • 砂糖を多く入れる
  • ミルクを1/3以上入れる
  • 朝食前にコーヒーを飲む
  • 就寝前にもコーヒーを飲む
  • 四六時中コーヒーを飲む
  • 詳しくはこちらで解説します!

(肌に悪い飲み方:編集中)

美肌女子(男子)を目指したい場合は肌によろしくない飲み方も理解しておいてくださいね!

 

バターコーヒーがオススメ

美容効果はもちろん、あなたの健康状態さらに良くするのがバターコーヒーです。いくつもの本でも紹介されたり、今では女性の間では話題になっています!

「えぇ!?コーヒーにバター入れちゃうの?」

と思っちゃいますが、実はマイルドさが足されてコーヒーが苦手な人でも飲めちゃいます。

バターコーヒーでは、市販で売られているバターではなくグラスフェッドバターを使います。こちらは通販ならゲットしやすいので是非手に入れてみてください。通常のバターと比較してもビタミンA、ビタミンD、ビタミンEが豊富。

美容という視点でみてみると、

ビタミンA:シミ、しわ、ニキビや肌荒れの改善に役立ちます。

ビダミンD:肌の細胞が生まれ変わりをサポートしてしわやたるみの予防ができますね。

ビタミンE:冷え性に効果的。血行を良くしてくれるので肌のメラニン色素に作用してしみやソバカスが出来てしまうことよ予防をしてくれます。

(バターコーヒーの記事はこちら:9/3の記事にリンク)

 

まとめ

 

 

飲む量でいうなら1日2~3杯程度ですね。(カフェインだと大体400mgくらいの量になります)これは厚生労働省が言っている数字でもあります!

ストレスを完全に消すことは難しいですし、適度なストレスがあった方が良い時もあります。だからこそ、ストレスとうまく付き合う手段としてコーヒーをうまく使って美容効果をUPさせましょう!