workoutlabsubTitle

カロリー制限が痩せないのはなぜ?【実証済み】

DIET FOOD

「試行錯誤して頑張っているのに、痩せない」

「体重は落ちてきたけど、体調がわるくなってる」

「体重は落ちたけど、なんかバストサイズが落ちた?」

このような疑問に答えます!

 

注意:ここでのカロリー制限は、基礎代謝からマイナス1000kcalも少なくしてしまうくらい極端なカロリー制限を指しています。

 

 

カロリー制限で痩せない理由

原則として、カロリーを少なくして、運動する量を多くすれば確かに体重は減ります。しかし、一回ドカ食いしても翌日増える体重が永遠に続かないのと同じように、ダイエットでの体重が減る効果も長続きしません。

身体は餓死しないように、現状を維持するシステム(ホメオタシス)を持っています。つまり、体重が減る前の状態に戻ろうとしていきます。

ホメオタシスについて、もう一つ。

摂取カロリーが減ると、身体がバランスを取ろうとして消費カロリーを抑えます。体内にエネルギーがない中で消費カロリーが増えてしまうと、飢餓状態になってしまいます!摂取カロリーが減る分、身体は消費するカロリーも減らすようになります。

 

リバウンドのメカニズム

消費カロリーは減っている中、食欲が止まらず食べすぎてしまう、これこそがリバウンドのメカニズムです。原因はやはり

カロリーを大幅にカットしてしまうこと。

摂取カロリーを減らしているのに、体重が増えてしまう理由を解説します。

減ったカロリーは、実は中々元に戻ってくれません。カロリー制限をすると、身体はこれに反応して身体の代謝活動が鈍くなります。つまり基礎代謝が下がってしまいます。これはしばらく続いてしまいます。

カロリー制限をすると、食欲を増幅させるホルモン(グレリン)が体内で増えることがわかっている実験もあったりもします。被験者の一年後のグレリン分泌状態を確認すると、健康な人のレベルよりも多く分泌されちゃったらしいです。

私も忙しすぎて、食事がまともに取れない日が続くときがあります・・・。そのような日ほど、帰宅後にいつもの倍の食事を食べてしまいます。日中は食べれていないのに、夜沢山食べてしまって眠くなってしまい、やることもやれなくなります。

食べてしまったこと、やることがやれなかったことのダブルパンチです。どれだけ罪悪感に駆られることか・・・。

 

低カロリーの危険性

低カロリーを続けるとどうなるのか?ざっくり言うと、

不健康まっしぐら

です。

簡単にまとめてみました。

  • 常に寒気との闘いになる
  • 肉体的な疲労度が上がる
  • 集中力が落ちる
  • 全身の血流の流れが悪くなる
  • 血圧が下がる
  • 心拍数が下がる
  • 消費カロリーが減る
  • 皮膚の質感が悪くなる
  • 爪が割れる
  • 髪が抜けやすくなる

「カロリー制限がダメなのは十分分かった。じゃあどうすればいいわけ?」

と疑問が湧くはずです。

結論、

カロリーを管理をしつつ、筋トレをして、タンパク質を適度に食べる

ことをしましょう!

「いやいや、結局カロリー制限かよ?」(woman-tag)

そう言いたくなるのも、わかります。(笑)でも、食べる量を減らすやり方とは全然違うんです。

 

カロリー管理へ視点を変える

まずはカロリーの観点から。

体脂肪は1kgあたり、約7200kcalです。

これを2週間で減らす、または3週間で減らす、という視点で見てみてください。

2週間で体脂肪を1kg減らすなら、1日あたり約514kcalずつカロリーを減らせば1kg減っていくことがわかります。食事で例えるなら、おろしポン酢をトッピングした牛丼(皆さんも知っているあの店の牛丼です。)のミニサイズがこれくらいのカロリーです。

3週間なら、1日あたり約342kcalです。食事で例えるならコンビニで売られているメロンパンなんかは大体これくらいです。(もちろん大きさにも寄ります。)

週単位で区切って、かつ1kgも減らせるなら簡単に出来ると思いませんか?参考までに、筋肉と体脂肪を1kgあたりで比べるとこれくらい大きさが変わります。

画像準備中

 

次に、筋トレです。筋トレ自体の消費するカロリーは正直そこまで多くはありませんが、一日の消費カロリーを増やしてくれるメリットがあります。

(編集中)

 

まとめ

  • 極度なカロリー制限をすると基礎代謝が落ちる
  • カロリーを制限しすぎると、食欲が増えがち
  • 不健康へまっしぐら

アクション
自分が食べるもののカロリーを調べてみる
筋トレをして代謝を上げよう!