workoutlabsubTitle

身体に良い脂質6選

FOOD


脂質って身体に良いの?

身体に良い脂質が知りたい!

どんな脂質を取ればいいかわからない・・・。

 

こういった疑問に答えます!

グラスフェッドバター

放し飼いで牧草を食べて育った牛の乳で作られたバターです。市販では中々手に入りづらかったり、売っているものは良い値段がするので、コスパの良いオンラインストアで買うと良いですよ。パンに塗るのもよし、バターコーヒー用のバターで使うこともオススメです。私はバターコーヒーを週3~5回くらい飲むので、オンラインショップでキロ単位で調達していつでも飲めるようにしています。(笑)

 

オリーブオイル

市販でも手に入りやすいオリーブオイル。もともとは地中海沿岸の食事スタイルが身体に良い、と言われたことが始まりでした。身体に良い理由は大きく3つあります。

*一価不飽和脂肪酸を多く含む

*参加予防のポリフェノールが多い

*必須脂肪酸を含む脂質も多い

オリーブオイルは約8割がオレイン酸で、オメガ9系の油です。酸化しにくい油であり、体内でも作れます。しかし、それだけでは足りないので食事から取ることがおすすめです。

 

ココナッツオイル

植物の油では珍しい飽和脂肪酸を多く含みます。特に中鎖脂肪酸を多く含むので、消化吸収が早く、エネルギーとしても使われやすいです。これはダイエット効果もありますが、美容効果が抜群に良いです。

*抗酸化効果や免疫アップ効果がある

*脂肪燃焼効果

食欲を減らす効果があったり、脂肪燃焼を促す効果があることが近年ではわかってきてます。

ウイルスから身体を守る抗菌効果もあります。このご時世にはぴったりですね!

 

MCTオイル

名前の由来は「中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglyceride)」そのまま日本語にしただけです。前にも紹介したとおり、中鎖脂肪酸はココナッツオイルにも多く含まれるので効果は似ています。体内で分解されるときに、ケトン体という物質に変わります。ケトジェニックダイエットでよく出てくる言葉ですね。

 

奇跡のオイル、ギー

これは中々手に入れることが難しいです。手に入れたいなら、オンラインショップで手に入れることをすすめます。これは牧草を食べて育つ動物から、作られた塩分を含まないバターから抽出されたオイルです。インド伝統の医学アーユルヴェーダでは、1000個もの効果を持つ奇跡のオイルとも言われます!

日本でも「ギー」が広まったのはおそらくこの本がきっかけだと思います。

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」Dave Asprey

 

 

フィッシュオイル

魚の油です。DHAやEPAといった油を多く含みます。効果として、前述の脂肪、オメガ3脂肪酸は血管の流れを良くして拡張させる働きを持ちます。すると血液中の中性脂肪がエネルギーとして使われやすくなります。しかしこのメカニズムは正確には解明されていないんですね〜。なるほどなぁとわかってもらえればOKです。

 

まとめ

グラスフェッドバター

オリーブオイル

ココナッツオイル

MCTオイル

奇跡のオイル、ギー

フィッシュオイル