workoutlabsubTitle

脂質はダイエットの敵か味方か【味方です】

DIET FOOD


敵か味方かはあなた次第

ボディメイクの敵と言われる脂質。でも三大栄養素の1つです。つまりは身体に必要なものなんです。脂質を極端に恐れてあらゆる脂質をカットしすぎていませんか?これはかえってあなたの身体にダメージを与えている可能性大です。脂肪と上手に付き合う人ほど、ボディメイク上手です。

 

パフォーマンスが落ちる原因

「最近身体の調子が悪い・・・。」それは脂質が不足しているからかもしれません。脂質が不足するとビタミン系の栄養(脂溶性ビタミン)の吸収率が下がったり、便秘気味になったり、ダイエットとバルクアップの効率が下がったりします。そして、骨ももろくなったり、記憶力が下がってしまうケースもあるのです。

もし、カフェインが苦手でなければ脂質を手っ取り早く取れる方法があります。こちらを読んでみてください。

(バターコーヒー:編集中)

 

取るべき脂質まとめ

飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸をバランス良く摂れるとベストです。特に、n-3系は不足しやすいのでたくさん摂りましょう!!

(資料編集中)

 

脂質を摂る量はダイエットなら消費カロリー以下に、バルクアップなら消費カロリー以上にカロリーを摂る前提で考えます。

タンパク質、脂質、炭水化物を計算した時にタンパク質は体重kgをそのままgにした数字の3倍の量(体重60kgなら180g)、炭水化物はタンパク質の2倍(体重60kgなら360g前後)を引いたカロリー分をグラム換算した量を摂りましょう!

ここだけの話、脂質を摂りすぎて太るのはあまりないです。太る原因は糖質の摂りすぎにあるので、良い脂質であればどんどん摂ってしまってOKです。

(カロリー計算の仕方:編集中)

 

脂質でパフォーマンスをあげる

摂るべき脂質に加えて、あなたのパフォーマンスを上げてくれる脂質はまだまだあります。

 

 

まとめ