workoutlabsubTitle

マインドフルネスの注意点3選【意味も解説】

MINDFULNESS


 

ポジティブ思考がなくなる

マインドフルネスは自分を客観視する技術です。なるべくネガティブな思考を取り払うことを優先しますが、ネガティブな思考と一緒にポジティブな思考まで取り払ってしまうケースも出てきます。客観視をする場合、自分の行動と思考を切り離すことから始まります。しかし、思考を切り離してしまうあまり、ポジティブな思考が捨てられてしまう場合もあったりします。

マインドフルネスの究極は、自分自身を整えることで行動に集中しやすくなるようにするための手段だと思っています。思考にフォーカスをしてみると、ポジティブな思考をするほうが物事をプラスに捉えられるようになるので行動は加速しやすいです。だからこそ、ポジティブな思考はなるべくあなたの中に取っておいてくださいね。

 

 

難しいことから逃げる

人生には逃げて良い時と勝負する時があると思います。マインドフルネスに寄りすぎてしまうと自分を客観的に見過ぎてしまうあまり、難しいことから逃げてしまう傾向になる場合があります。

今考える必要があるものの、そこから逃げてしまってはもともこもありません・・・。

 

 

メンタルブロックを外す技術

マインドフルネスは自分を客観視する技術です。しかしこれは、行動することが前提にあると考えています。思考してしまうあまり、メンタルブロックが出てしまう局面があります。そこで、この技術を使います。

例えば何か新しいことに挑戦するとき。メンタルブロックが出てしまうということは、

何かを怖がっている

可能性があります。その怖さがあることで、行動が出来なくなる人がめちゃくちゃ多いです・・・。決してわるいことではないです!!その恐怖と向き合うことでうまくかわしていくほうがいいと思います。

 

恐怖を客観視する

メンタルブロックが出てしまう時は何かを怖がっています。その恐怖が何なのか?まずは認識する必要があります。

アクション
何を怖がっているのか紙に書き出してみよう!

こういう時は、何も書いてない紙に何を怖がっているのかを書き出してみてください!!

 

人との繋がりを切ってしまう

思考と行動を切り離しすぎると、人との繋がりまで切り離してしまう方も中にはいます。もちろん、今付き合うべきでは無い人であれば、距離を取るのはあなたのためにもなるとは思います。しかし、

親しい人との間柄まで切ってしまうのはこのましくありません。

現実との繋がりはあなた自身でしっかりと認識すべきです!そして完全に切ってしまう前に、これからも親しい間柄を築いていくか、または距離を取るかから考えてみてください。

ひどい人は妄想や幻覚、会話が噛み合ってこなかったりするような事態も起きます。

一人でマインドフルネスに関することを行うのは危険が伴います。始めは理解のある方と一緒に行いながら、やることをおすすめします。もちろん、私もサポートします!

 

まとめ

  • ポジティブ思考がなくなる
  • 難しいことから逃げる
  • 人との繋がりを切ってしまう

マインドフルネスは、メンタルブロックを外す技術の1つとして理解してOKです。そして、何か恐怖を感じたらまずは客観的にみてみましょう!