workoutlabsubTitle

計画が立てられないあなた必見の計画戦略【行動が中心】

MINDFULNESS

明日の予定を立てるポイント

箇条書きはあまりおすすめできない。かいてしまうと、自分ができること以上のことを書いてしまう。その上で動いてみて、半分くらいしか終わらなかったとなると、セルフネガティブキャンペーンが始まってしまう。

「俺は(私は)今日もできなかったなぁ〜」と自己嫌悪が始まる前に次を読んでください。

時間を入れて、予定を立てることをおすすめします。Googleスケジュールなり、カレンダーなりに時間軸からこの時間に何をやるのかを書いてみる。そうすると出来ることが多いのか、少ないのか、人それぞれ違うが、やること、できることが可視化されます。

 

行動へつなげるタイムマネジメント

30分くらいでできそうなら2~2.5倍くらい余裕を持たせてスケジューリングができると最高。余裕を持ってタスクに取り掛かることができます。

To DoリストがActionリストへ変わる瞬間です。

時間を決めてやることを書いていくとTo doから、To Actへ変わる。ほとんどの人がTo doリストを作って満足している。そして書きすぎてしまったTo doリストのタスクが終わらずにネガティブキャンペーン・・・(笑)

これを始めるのは今日でやめましょう。いつの時間でどんな行動をするか、To Act listを作ってみましょう〜。

 

リスクと対策を考えてみる

余裕があれば、この2つをやるのはおすすめ。私たちは目標が達成できたらとてもハッピーだが、達成できなさそうだと感じると目標を立てることが怖くてできなくなってしまう。「どうせまた達成できないや」というネガティブキャンペーンの始まり。これは、リスクと対策を考えればOK。

Q:何が起きたらこの予定を全てこなすことが出来なくなりそうか?

・朝寝坊してしまう。

・他の人から急なタスクが振られる

・友人から飲み会の誘いが来る

・Instagram見て暇つぶししちゃう

などなど。

ここからまた自分で立ててみた予定を振り返ってみて、もし、朝入れていたタスクが寝坊しちゃって出来ないかもしれないと思った場合に余裕ある時間設定にしておくことがおすすめ。ネガティブキャンペーンは事前に予防しましょう!

私的なリスクと対策は、余裕ある時間を作ること。集中力が切れると他のことを無意識にやり始めてしまうので、タスクにかける時間を予想よりも2倍多く設定してタスクをこないしている!

 

リスクがわかると自己管理できる

リスクが分かったあなたは、自己管理が余裕で出来るようになります。例えば、集中力が切れて休憩するとしてTVみよ〜っとと気づけば1時間見てしまう、なんてことは減ってきます。

あ、いけないテレビなんて見てる場合じゃない、タスク終わらせよう、的な思考回路に変わります。

 

1日1つ挑戦してみる

人はワクワクすることがあれば、前日が楽しみで寝れなくなるもの。つまり、それを毎日でなくとも1週間7日ある中で2~3日設けてみるのもありです。

意外と効果あります。挑戦する内容はなんでも良くて、前の流れから例えば朝に弱いから朝入れたタスクが無事終わるか不安、となった場合。

朝起きたら今までやったことがないことをしてみるのはとても効果的。つまり挑戦ですね。朝起きたらそのままコンビニでバナナを買う、とかでもいいんです。

「朝起きていきなりコンビニいくの?」

となるかもしれませんが、これは今までやったことがない人からするととても大きなチャレンジです。

 

飽きを予防する7:3の法則

To Actionリストができたら、今度は7割をやること、3割をやってみたいことに分けてみてください。

早起きで考えると、朝今日は遅くて散歩はできたから明日は朝早く起きてジムでスクワットをしてみよう、とかでもOK。その3割はその日できなかったことを盛り込むと効果的。できなかったことでやってみたいことがあったら、次の日それは挑戦することに変わる!

正しい計画の練り方がマスターできると将来への不安も無くなってくる。そしてその結果今やることへの集中力があがる。

 

実践している計画方法を紹介

私は今日1日を振り返って出来たこと、そして1週間の行動をふり返ってます。

1日単位でのふりかえりは、できたことリストをpick upしたり、気づきをTrelloというアプリに落とし込んで、ねてます。もちろん今日やりたくても出来なかったこともピックアップしつつ、本当にこれは必要だったのかを考えたりもします。べつにやる必要がなければそのままほっときます。

1日いそがしすぎて、できないときだってあります。それでもOKです。1週間が終わって振り返ったとき、「この日はいそがしかったんだなぁ。何したっけ?」みたいに、やったことを振り返ります。

 

まとめ

明日の予定を立てるポイント

行動へつなげるタイムマネジメント

リスクと対策を考えてみる

リスクがわかると自己管理できる

1日1つ挑戦してみる

7:3の法則で飽きを予防する

Trelloを使ってみる