workoutlabsubTitle

生産性が落ちる前に取るべき対処法10選

BREAK MINDFULNESS

お疲れのOL「はぁ。最近全然ダメだな。全然仕事が終わんないや。生産性落ちてる気がするしどうしよう。何か対処する方法ないかなぁ」

 

こんなあなたにピッタリな内容です。

今みたいなつらい時期に「生産性が落ちているなぁ」と感じたとき、

いや、かんじる前にまずはやってみてほしいこと、10コならべました。

「生産性」の定義を自分で言葉にしてみる

定期的に、生産性の定義を自分なりに言葉にして、仕事の進捗をみてみることをおススメします。では、生産性とはどういう意味なのか?

カンタンにいうなら、今あなたがもっているモノやスキルから何かしら価値を産み出すときの効率性です。

これは仕事でいうなら2つにわけられます。

・ただ忙しくしているのか

・何か価値があるものを生み出せているのか

最近は世界的に、テレワークが進んで新たな日常での生活になりましたよね。

生活はまだしも、仕事は今まで通りにいくビジネスパーソンは少ないのではないですかね? 実はテレワークになれていない人はストレスマネジメントでかなり苦しんでいるとのこと。

私もテレワークに完全に変わった時、ストレスがたまり過ぎて発狂してました。普段ならジムに行けたのに、ジムは臨時休館。1ヶ月以上ジムで筋トレができなかったのはきつかったですね・・・。

生産性ガタ落ち。

私みたいな理由でなくても、日に日にストレスは溜まっているのではないですかね。

だからこそ、定期的にあなたなりの生産性のコトバの定義をしてみてほしいです。何ができたら、あなたは生産性が上がっている、といえるのか。まずはここをきめてみてください。

そしてもうひとつ、タスクの進み具合確認の方法を見つけてみてほしいです。おすすめはできたことリストをつけることです。1日何ができたのか、できたことが多ければ多いほど生産性は上がってる、といってもいいですよね。

もしかすると、生産性の定義はお子様やペット、そして無駄なオンライン会議に邪魔されながらも、仕事をする。これよりも、あなたがいつもお世話になってる方と連絡を取り合って、今どのように持ちこたえているかを確認することかもしれませんよ。

「忙しい」と「生産性が高い」状態を切り離す

「忙しい」は「生産的」は別物。仕事で置き換えると、忙しい理由は、あなたが人からお願いされた仕事に時間を割いているから忙しく感じてしまうのです。

本当に価値がある仕事なのか、または私以外の誰かに任せてレビューをすれば済むのか、考える価値はありそうです。

忙しいまま一年を送ってしまうと、自分は何を達成したのかと疑問に感じてしまいかねません。まさに、私の社会人1年目がそうでした。

がむしゃらに新規開拓を行い、結果を出したものの、結局何を達成したのか、売上を立てること以外に達成出来たことはあるのか、苛まれることになりました。

今よりも生産的に感じるには、緊急性が低く、かつ重要性が低いタスクや頼みごとを断るような、自分なりの境界線を設けることだと思います。

100%全てを受け止めるYesマンである必要はありません。相手からのお願いを選ぶYesマンであるほうが、相手も自分もお互いにwin-winになることだってあるのではないかと思います。

もしあなたが忙しすぎたら、あなたのカレンダーを取り戻しましょう。あなたの1分1秒はとても貴重なものなのです。

全体像を把握するために休憩する

これを読んでいるあなたは、推測するに、大変失礼ですがElon Musk氏や故Steve Jobs氏のように相当頭がキレる天才ではないはずです。(もし彼らと並ぶ天才でしたらすみません。)

寝る時間こそが、生産的に活動するためのベストな方法となる場合もあります。もちろん、寝る間を惜しんで努力する時があることも認めます。

科学誌の応用認知心理学(Applied Cognitive Psychology)の調査では、気分や幸福感、自分のあらゆる物事のパフォーマンスを上げるために、休憩が必要不可欠であることがわかりました。

私たちが生きる世界はとても騒がしいと思いませんか?明言は避けますが、ニュースをつけると観るだけで疲弊するものが多いです。

ひと休みしましょう。

内省する時間を取る

簡単に言うと、振り返りの時間を作るということです。

自分の内側に目を向けて内省する時間を取ることで、私たちが制御できることとそうでないことがわかったりします。

例えば、世の中の情勢は私たちは制御することが出来ません。

「マスクもう配らなくてもいいでしょ・・・」

と思っても、配る当人がやめない限りは何かが変わることはありません。考えるだけで勿体ない気がしませんか?

逆にこのような思考を巡らせることはやめよう、と制御できることは出来ます。周りに流されず、今私たちが考えるべきことに意識を向けてみましょう。

そして脳は内省を好まないからこそ、あえて行ってみましょう。

疲れたら、寝たっていいんじゃないですか? 今日もよくがんばったじゃないですか👍

太陽の光で起きる

これは是非やってみてください。(笑)朝にかなり弱い私でしたが、このおかげで朝に強くなりました。

メリットとして、次の4つ

・体内時計がリセットされる
・二度寝しづらくなる(その後15,6時間は分泌されなくなる)
・ビタミンDが体内で生成されて筋肉を大きくすることにもつながる
・気分は最高(?)

補足すると、二度寝しづらくなるのは、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌がおさえられるからです。

これは理屈を並べるよりも、是非体感してほしいので多くは書きません!

おすすめです!

自分に厳しくし過ぎない

集中できないことは、実はサボっていることとは全然関わりがないことがわかっています。

エール大学のエイミー・アーンステン教授は、次のように見解を示しました。

継続的にストレスと不安を抱えている状況では、脳の中で反応がより早くて衝動的な部分(危険な時期に私たちを守ってくれるものだ)を優先するために、集中や批判的な思考、決断を支援する脳の前頭前皮質が停止する。こうなると、集中力を失ったことで自分を責めるという悪循環につながり、前頭前部のつながりがさらに弱くなってしまう。これに対処するためには、この現象が神経生物学的に見て普通であることを思い出し、自分に優しくするようにして自己への共感の気持ちを持つことだ。
集中力が下がっても、極力自分を責めるのはやめて、隣の人や今暇してそうな人とオンラインでチャットや雑談を楽しみつつ仕事をしてみましょう。

Instrumental musicで集中力を取り戻す

生産性が劇的に上がる音楽を紹介します。科学的に証明されているので、一度試す価値はあります。「Weightless」という音楽です。興味がある方は調べてみてください。

これマジで個人的にオススメです。あまり教えたくありませんが、今回特別に教えます。(笑)

歌詞がある歌を聴くのと、歌詞がない歌を聴くのとでは後者のほうがいいのには理由があります。

歌詞がある歌を聴いてしまうと頭の中で歌ってしまうからです。これでは考えるべきことも考えられず集中力は下がってしまいそうですね。

どんなに小さくても、目標に向けた行動を取る
生産性を高めるためには小さな一歩を踏み出す。ただこれだけでOKです。

壮大な行動が必要となることはほとんどありません。一番重要なのは、時間をかけて継続的に行う小さな行動です。

即座に得られる成功を追い求めるよりも長期的な取り組みに集中し、目標に近づくために毎日小さな行動がとれたらその時点であなたの生産性はあがっています。「PCを開いた」、「朝起きれた」、これだけでもいいんです。

何もしていないとき、例えば休みの日は昼まで寝ている自分と比べたらはるかに進んでいます。(かつての私です。)

進捗を追跡し、達成事項を祝う

ストイックすぎる人ほど、自分が達成したことを認めることを忘れてしまいます。小さな達成事項を日記や電子ファイルに記録して、その経過を追うことが大切です。
比較するのは他人ではなく、過去の自分です。自分が非生産的な失敗作だと感じることがあれば、メモを見返しましょう。貴重なモチベーション向上や励ましを得て、自分が進捗を遂げていることを時にはオーバーリアクションをして褒めるようにしてください。

「よっしゃぁぁぁあああ!!出来たでぇぇぇええ!!」

おすすめは、「できたことリスト」と「できなかったことリスト」をつけていくこと。Trelloやasanaといったアプリを使って管理することはめちゃくちゃオススメです。

糖質管理をする

糖質を食べすぎると、確実に眠くなります。それは体内のインスリンがでまくって上がってしまうからです。血糖値を一定に保つために、1日複数回食事をとることをお勧めします。

閑話休題!

【追伸】新たにいいものが増えたら足していきます。書いている時は10選ですが、20選、30選になる日がくるかもしれません。