workoutlabsubTitle

筋トレで効果が出ない理由【食事を見直す】

FOOD

食事制限から食事管理へ

 

タンパク質は体重の3倍

正確には体重の数字をそのままグラムにして、3倍摂ることを意識したほうがいい。例えば、体重これは自分への戒めにも兼ねて書いているが、「みんなタンパク質摂らなさすぎ!」

 

内臓への負担は?

私たちは毎日食事をする事で、内臓を動かしています。つまりあまり気にしなくてもいいと思います。おもしろい研究結果があって、タンパク質をたくさん食べても、身体に害は起きなかったというものがあります。タンパク質は消化するのに時間がかかるので確かに内臓の負担が高いです。余談ですが、厚生労働省が発表している栄養摂取量でも、タンパク質を摂る量はあまり制限はされていません。炭水化物の量は制限されていますよね。

 

タンパク質を摂るタイミング

日常生活でタンパク質を摂るタイミングは、朝昼晩に加えて間食で食べることがおすすめ。時間帯的には14:00~16:00の間に一度入れることをすすめる。それは昼ごはんと夜ご飯の間は時間が空いてしまうから。

血糖値がすごくあがってしまうのはもったいない

 

1回に吸収できるタンパク質は30g(ではない)

この都市伝説にはいつも疑問に思う。一度の食事で吸収できるタンパク質は30gまで!いやいやいや、それはないでしょ。ただ吸収する時間が長いだけであって、吸収できないタンパク質は全部出るわけではない。知り合いの元お相撲さんが言っていましたが、彼らは身体を大きくする、体脂肪をたくさんつけるために食事回数を2~3回にしかわけないらしい。お相撲さんほどの体格を作るのにはかなりのカロリーが必要になってくる。体脂肪も多いが、筋肉量も一般の人の倍以上はある。例えばこの都市伝説通りに考えると、2回の食事でタンパク質は60gしか取れないことになる。これは運動をしていない一般の方が平均して摂っている量。この量であの体格になる??

安心して多くのタンパク質を摂ってほしいです。

 

まとめ