workoutlabsubTitle

筋トレで効果が出ない時に確認したいこと【6項目】

WORKOUT

フォームの確認を行う

効かせたい筋肉に効いているか確認しましょう。今行っている動作は本当に効かせたい筋肉に効いていますか?胸のトレーニングをしているのに、腕の裏側(上腕三頭筋)ばかり効いていませんか?

筋肉がしっかりと動いていればそのフォームで良さそうだ、ということがわかります。種目に入る前でも効かせたい筋肉をまずは手で触りながら動かしてみることをおすすめします。

 

専門家を頼ってフォームを見てもらう

フォームに不安がある人は専門家に見てもらい、フィードバックをもらいつつ行うことがおすすめ。一人でトレーナーの目や他のジムの人の周りの目が気になる場合は、オンライン上でのサポートをしている方から都度フィードバックをいただくのもいいですね!

 

最初はできる範囲で行う

無理は禁物です。効果が出ないからといって、やり過ぎは注意。出来る範囲から、ジョジョにレベルを上げていきましょう。怪我をしてしまうと、楽しい筋トレも楽しくなくなってしまいます。まずは出来る範囲から。そして強度を変えて身体にいろいろな刺激を与えていきましょう。

 

強度を変えていく

負荷は毎回変えていきましょう。変える基準は種目の回数、セット数、種目の重さ、稼働範囲、種目を行う順番と多岐に渡ります。最初のステップとして、まずは回数がクリアできたら、重さをジョジョに増やしていきましょう。

 

たんぱく質中心の食生活に変える

バランスのいい食事とは、タンパク質中心の食事。日本人はもともとお米が主食で、炭水化物が多い食事になっているので、タンパク質を摂る割合が多くなると、ばらんすの良い食事が摂れるようになる。タンパク質中心の食事を摂っていて問題なさそうであれば確認も込めて読んでみてください!炭水化物中心から、タンパク質中心の食事に変えていきましょう。理想は体重の数値の3倍例えば今体重が50kgあるとしたら150g/日摂れるようにしてみましょう!

 

頻度を増やす

劇的に身体を変えたいと思っているあなたは結構筋トレの歴も長いと思います。その場合は頻度を増やしてみましょう。例えば、胸の筋肉をもっとつけたい場合は胸の頻度をあと1回増やしてみてください。負荷が今まで以上にかかるようになるので、見た目の変化は今までとは違う速さで変わってくると思いますよ!

 

まとめ